About change of childcare charges of public kindergarten

About change of childcare charges of public kindergarten

                                     平成28年10月6日

 

『すべての子どもたちが、笑顔で成長していくために』『すべての家庭が、安心して子育てでき、育てる喜びを感じられるために』という 国の子ども・子育て支援新制度が始まりました。この制度の移行に伴い、国の示した基準額(Q&A1の表)をもとに四日市市の幼稚園の利用者負担(保育料)を変更することになりました。

 

 新保育料の基本的な考え方  

  1.世帯の所得に応じた保育料の額になります。

    ⇒所得の低い世帯の方は低額に。所得の高い世帯の方ほど保育料は高くなります。 
    
2.公私立の幼稚園の保育料は同額になります。
        
ただし、新制度に移行しない私立幼稚園に通う場合はこれまでどおり園が決める
      
保育料となり、下記の保育料は適用されません(市内14園のうち2園が移行※)。
      私立幼稚園で独自におこなっている、バス送迎、英語教育などの費用は別途かかります。    

※移行園は、海の星カトリック幼稚園、まきば幼稚園。(H28.10.1現在)

 

 新保育料の内容  

 

階層区分

保育料(月額)

生活保護世帯

0円

市町村民税所得割非課税世帯

0円

市町村民税所得割課税額(以下同じ) 48,600円未満

2,700円

   48,600円以上  62,851円未満

4,800円

   62,851円以上  77,101円未満

8,200円

    77,101円以上 110,631円未満

9,900円

    110,631円以上 144,151円未満

11,600円

    144,151円以上 177,681円未満

12,800円

    177,681円以上 211,201円未満

14,000円

211,201円以上

18,200円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





【注】 第2子(半額)、第3子(無料)の多子軽減は上記の金額に対して適用されます。

        ○ひとり親・在宅障害者の居る世帯への軽減も上記の金額に対して適用されます。

  

 新保育料の実施時期  

1.平成30年度からの保育料となります。
 2.平成29年度入園者については、平成29年度は、⇒ 現行の保育料(月額6,900円)を継続
                               
平成30年度は、⇒(上記)の保育料となります。

 

 よくある質問 Q&A 

Q1 子ども・子育て支援新制度になると、どうして保育料が変わるの?

A. これまで、公立幼稚園の保育料については、国は特に基準を定めてはいませんでしたが、新制度において、幼稚園に通う子どもの保育料として公立・私立を問わず共通の金額が下記の表のとおり国より示されました。

 (別表:国の基準額=世帯の所得に応じた金額となっています。)

階層区分

保育料

生活保護世帯

0円

市町村民税所得割非課税世帯

3,000円

市町村民税所得割課税額(以下同じ) 77,100円以下

16,100円

       77,101円以上 211,200円以下

20,500円

211,201円以上

25,700円


 

Q2 四日市市の保育料はどのように決めたの?

A. 国の基準額をそのまま本市の保育料とするには、現在の保育料に比べて高すぎるので、下記の点を考慮し、設定しました。

                                

  
  1.国の基準は5段階の設定⇒保育料の変動幅が大き過ぎるので10段階にしました。

 2.国の基準は3歳~5歳まで同額の保育料

⇒3歳児と比べて4・5歳児は、先生が多くの子どもを担当することができ、園児一人あたりの費用が2割程度少ないので、3歳児に比べ2割程度減額しました。

 3.同じ階層区分では、幼稚園より保育時間の長い保育園の保育料を上回らないようにしました。

 4.幼稚園では保育料とは別に給食代をご負担いただいておりますが、保育園では給食代のうち「おかず代」は保育料に含まれているので、「おかず代」相当額を減額した金額にしました。

 

 

3 保育料以外の集金はどうなるの?     

A. 保育料は、平成29年度から納付書(払込書)や口座振替でのお支払いとなり、園で集金はしませんが、給食代などはこれまでどおり園で集金します。

 なお、新保育料となる平成30年度からは、教材代は保育料に含める予定です(別途徴収しません)。

  

 

 

 

問い合わせ先

保育幼稚園課 施設運営係 電話354-8172